【魔法少女の兄】真面目じゃなきゃいけないの・・・・
魔法少女の兄】真面目じゃなきゃいけないの・・・・
おっぱいアニメ動画】東京からいくつもの路線を乗り換え、片道3時間。
栄えているのは駅前ばかりで、あとは見渡すかぎりのあぜ道という『よくある片田舎』。
そこが、僕らの新しい家だった。

僕は、父の仕事の都合で東京からこの片田舎に引っ越してきた転校生。
前の学園では、妹と揃って「真面目キャラ」として定着していた。
誰からも好かれない代わりに、誰からも嫌われない。空気のような存在。
妹本人はそれに対して特に不満は覚えていなかったようだけれど…

僕は自分を変えられるかもしれない大きなチャンスに、胸を膨らませていた。

僕たちの転校は、まるでお祭りのように騒がれた。
すぐに出来た友達と、学園生活を満喫する。毎日が楽しい。

学校に通うという『当たり前』の中で、今まで芽生えなかった感情に、僕は虜になった。

――そんなある日の事。
寝付けずにまんじりともしない夜を過ごしている僕の耳に、不可解な音が聞こえた。
まるで、床の軋みにも似た奇妙な音だ。
耳を澄ますと、それは廊下から聞こえてきているようだった。
ややあって、玄関が開く音が聞こえ、ふと自室の窓から外を見る。

……そこにいたのは確かに妹だった。

こんな夜中に制服を着て、どこかに出かけていく。

一体何処へ……?

そう思い、呼び止めようとして、やめる。
もしかしたら、妹も新しく出来た友達と遊びに行くのかもしれない。
夜遊びは感心しないが、僕だって友達から誘われたら出かけてしまうだろう。
あいつもあいつなりに、学園生活を楽しんでいるんだ……
そう思うと、それを見咎めようとも思えなかった。

それから、妹の夜遊びは毎晩のように続いた。
父さんも母さんも、妹のそんな様子に薄々勘付いているようだ。
近所では不審火が頻発しており、お世辞にも治安がいいとは言えない。
変なことに巻き込まれる前に、僕が一言だけ注意しておこう……

そう決めたその日の夜、事態は急変した。

学校から帰ってきた僕が玄関を開くと、そこには傷だらけの妹が倒れていた。

『異常事態』

僕は慌てて電話を取り、救急車を呼ぼうとして……止められた。
振り返ると、そこには倒れていたはずの妹が居る。
どうして、と言いかけた僕の声は、なんでもないから、と言う妹の声に掻き消された。

傷の手当をしながら、一体何があったのかと問い詰める。
傷は擦り傷や殴打された痕が殆どで、それは明らかに誰かから危害を加えられた証拠だ。

場合によっては、警察にも届出を……そう考える僕に、妹は言った。

「えっとね、あのね……実は、わたし……魔法少女なの!」

その目は視点が定まらず、明らかな不安と恐怖を孕んでいる。
そんな苦しい言い訳をしてまで、妹は一体、何を隠そうとしているのか。
その時の僕には、まだ何も分かっていなかった――


【オッパイクラぶ動画無料】


【アニメ】

【オッパイクラブ無料アニメ】

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

本記事で紹介中の作品の続きはこちらから!